ホーム施設・サービスのご案内西知多リハビリテーション病院 > リハビリテーション部の紹介

リハビリテーション部の紹介

西知多リハビリテーション部(医師・セラピスト)

当院では、回復期のリハビリテーション(入院)、外来でのリハビリテーション、 デイケア(短時間通所リハビリテーション)、訪問リハビリテーションに携わっています。(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

リハビリテーションの種類

回復期リハビリテーション

当院は回復期リハビリテーション病棟単科の病院となっています。病床数は60床です。
当院では次のような医療サービスを提供しています。

  1. より集中的なリハビリテーションをするために365日毎日リハビリテーション
  2. 生活場面を考えて訓練室だけではなく、病棟リハビリテーション
  3. 朝から夜まで生活に合わせてリハビリテーション

  • 病棟内日常生活訓練(歩行訓練)
  • 病棟内日常生活訓練(更衣訓練)
  • 病棟内日常生活訓練(調理訓練)
  • 病棟内日常生活訓練(トイレ動作訓練)

外来リハビリテーション(医療保険のリハビリテーション)

外来リハビリテーションの様子

痛み疾患、骨折、神経疾患、こどもから大人まで多種多様な疾患、障害に対応しています。
特に、小児の下記疾患のリハビリに理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が対応します。

  1. 脳性麻痺などの運動発達障害
  2. 自閉症などの対人的コミュニケーション障害
  3. 言語発達障害
  • 小児コミュニケーション訓練
  • 小児発達訓練

短時間通所リハビリテーション(介護保険のリハビリテーション)

介護保険のリハビリテーションの様子

リハビリテーションを継続することによって安心して生活ができるようにサポートしています。リハビリテーションの種類としては、1時間以上2時間未満の短時間通所リハビリテーションを提供しています。

訪問リハビリテーション(介護保険のリハビリテーション)

実際の自宅での歩行訓練

退院後、家で継続的なリハビリテーションを行う事は非常に大事になります。出来る動作が実際の場面でしている動作にするために訪問リハビリテーションは、不可欠です。生活機能を伸ばすための家でのリハビリテーションも提供させていただいております。また生活でお困りになることがありましたらご相談ください。

治療の種類

理学療法

吊下げ式免荷装置とトレッドミルによる歩行訓練

理学療法では、より積極的に早期から離床を促し、運動療法による筋力、関節可動域、協調性といった身体機能の改善を図りながら移乗、移動動作の獲得を目指します。

  • いろいろな段差での階段昇降訓練
  • 吊下げ式関節可動域訓練

作業療法

入浴動作訓練

身体機能面、高次脳機能面、心理面、日常生活活動面、職業復帰への働きかけをします。 日常生活場面では、家族とともにある新たな生活を想定して訓練を行い、福祉用具の選定、家屋環境の整備も行います。

  • 高次脳機能訓練
  • 園芸療法

言語聴覚療法

言語・聴覚・発声・認知などの各機能の訓練を行い、コミュニケーションの獲得を目指します。また食べ物が「かみにくい」「のみにくい」など、摂食障害などの方にも専門的に対応しています。

  • 言語訓練
  • 嚥下訓練