ホーム施設・サービスのご案内 > 半田中央病院

半田中央病院

今までの回復期入院病床(増床)に加え、小児から高齢の方まで診療できるように「総合診療医」を配置し、さらに在宅医療をサポートするために「在宅医療センター」を併設しました。
地域生活に密着した生活拠点病院を目指しています。

〒475-0017
愛知県半田市有脇町13-101

地図

回復期連携室

TEL (0569)20-2208
FAX (0569)20-2209

※転院についてのご相談は回復期連携室へお願いします。

在宅医療センター

TEL (0569)84-2230
FAX (0569)84-2237

※訪問診療についてのご相談は在宅医療センターへお願いします。

受付

TEL (0569)20-2210
FAX (0569)20-2212

デイリハビリセンター

TEL (0569)20-2217
FAX (0569)20-2237

診療科目

内科・小児科
リハビリテーション科
脳神経外科・整形外科

回復期リハビリテーションとは

回復期生活の例のご紹介

初めて受診される方へ

当院の初診は総合診療医が行います。
外来診療をご希望の方は事前に予約をしていただけることをおすすめしております。受診の際は、「保険証(原本」、さらに、お持ちの方は「受給者証」「介護保険証」「診察券」を受付にご提示ください。その他、外来について不明な点等はお電話または外来受付にてお問い合せください。尚、予約時間は9:00~11:30となっております。当日の診療をご希望の方は、できるだけ早いお時間にご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

診療時間・休診日

診療時間帯
9:00〜12:00 ●※ ●※

※専門医(石田医師)による整形外科外来は、毎週火曜日、木曜日の午前中のみとなります。

休診日
日曜日・祝日・年末年始・お盆

ページトップへ戻る

外来担当医

外来担当医紹介

半田隆 医師

半田中央病院 院長
【院長経歴】
昭和57年      
名古屋大学医学部医学科卒業(名古屋大学医学部脳神経外科入局)
平成4年      
半田市立半田病院脳神経外科部長(平成13年統括部長)
平成20年    
沖縄県立宮古病院脳神経外科部長
平成22年    
常滑市民病院脳神経外科統括部長兼リハビリセンター長
平成31年4月 
半田中央病院院長
【認定資格】
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医

久賀孝郎 医師

【専門分野】
総合診療科
【認定資格】
日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医

金野慶 医師

【専門分野】
総合診療科
【所属学会】
日本プライマリ・ケア連合学会

淺野智也 医師

【専門分野】
総合診療科
【所属学会】
日本プライマリ・ケア連合学会
日本リハビリテーション医学会

岡本聡紀 医師

【専門分野】
総合診療科
【認定資格】
日本内科学会 認定内科医
【所属学会】
循環器内科学会
日本内科学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本循環器学会

後藤美佳 医師

【専門分野】
総合診療科
【認定資格】
日本循環器学会 循環器専門医
日本内科学会 認定内科医

篠田和宏 医師

【専門分野】
総合診療科

非常勤

石田義博 医師

【専門分野】
整形外科
【認定資格】
整形外科専門医
日本医師会 認定産業医
ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
【所属学会】
日本整形外科学会

長谷川光広 医師

藤田医科大学病院 脳神経外科 教授
【専門分野】
良性腫瘍・頭蓋底腫瘍・機能脳神経外科(三叉神経痛、顔面痙攣)

近藤敬太 医師

【専門分野】
総合診療科
【所属学会】
日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会
日本在宅医療連合学会
日本老年医学会
日本病院総合診療医学会

金子浩之 医師

【専門分野】
総合診療科

森川慶一 医師

【専門分野】
総合診療科

加藤心良 医師

【専門分野】
総合診療科

松村和泰 医師

【専門分野】
脳神経外科

当院について

病院長あいさつ

2019年4月1日より、知多リハビリテーション病院は、地域生活に密着した医療を行う生活拠点病院を目指すため、半田中央病院と名称を変更いたしました。

当院は、2006年に開院して以来、多くの方々と、リハビリテーションを通じて、深くかかわってまいりました。
ある日思いがけず、脳卒中や、事故・転倒などによる外傷・骨折等に遭遇した場合、様々な初期治療は、急性期病院で行われます。
今までは普通にできていたことができなくなると、家庭復帰、社会復帰を目指し、損なわれた機能を回復させるためには、リハビリテーション治療の継続が必要となり、その場所が回復期リハビリテーション病院ということになります。
入院中は、安心して身を任せていただき、少しでも明るい気持ちを持って、日々取り組んでいただけるよう、できる限りのお手伝いができればと思います。
少しずつ回復していくときの、患者さんの笑顔は、我々にとっても大きな喜びであり、元気に退院できますよう心から応援しております。

半田中央病院となり、4月からは、新たに常勤として、総合診療医が加わりました。
総合診療医は、小児から成人、高齢の方まで、プライマリ・ケアを提供いたします。
発熱、痛み、胸部や腹部の症状、体調不良、皮疹、軽度の外傷、生活習慣病、病気の再発予防等、幅広い範囲での診療に関わり、健康について不安や心配なことがあれば、何でも相談にのります。
生命にかかわるような緊急治療や高度の専門的治療が必要であれば、高次医療機関と連携して問題の解決にあたります。癌や難病で、自宅療養を望まれる方や、諸般の事情で通院が困難な方で在宅医療を望まれる方々に対しましては、ご相談の上、訪問診療も行っております。

今後も、患者さんや家族に寄り添った医療を提供し、リハビリテーション医療とプライマリ・ケアを行う地域の生活拠点病院としても、住民の皆様と関わっていけますよう職員一丸となって、努力を重ねてまいりたいと思います。
なにとぞよろしくお願いいたします。

ページトップへ戻る

外来受診・通院される皆様へ

当院では、リハビリテーションでは回復期のリハビリテーション(入院)、外来でのリハビリテーション、 デイケア(短時間通所リハビリテーション)に携わっています。(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

リハビリテーションの種類

回復期リハビリテーション

医師をリーダーとした複数の専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・ケアワーカー・医療相談員・薬剤師・栄養士など)によりチームを形成し、生活再建に向けて全力でサポートいたします。
当院では次のような医療サービスを提供しています。

  1. より集中的なリハビリテーションをするために365日毎日リハビリテーション
  2. 生活場面を考えて訓練室だけではなく、病棟リハビリテーション
  3. 朝から夜まで生活に合わせてリハビリテーション

外来リハビリテーション

痛み疾患、骨折、神経疾患、こどもから大人まで多種多様な疾患、障害に対応しています。

通所リハビリテーション

リハビリテーションを継続することによって安心して生活ができるようにサポートしています。リハビリテーションの種類としては、1時間以上2時間未満、3時間以上4時間未満の短時間通所リハビリテーションを提供しています。

訪問リハビリテーション

治療の種類

理学療法

理学療法では、より積極的に早期から離床を促し、運動療法による筋力、関節可動域、協調性といった身体機能の改善を図りながら移乗、移動動作の獲得を目指します。

作業療法

身体機能面、高次脳機能面、心理面、日常生活活動面、職業復帰への働きかけをします。
日常生活場面では、家族とともにある新たな生活を想定して訓練を行い、福祉用具の選定、家屋環境の整備も行います。

言語聴覚療法

言語・聴覚・発声・認知などの各機能の訓練を行い、コミュニケーションの獲得を目指します。また食べ物が「かみにくい」「のみにくい」など、摂食障害などの方にも専門的に対応しています。

リハビリテーションの紹介はこちら

ページトップへ戻る

入院される皆様へ

入院前のご案内 
包括ケア入院前案内 
回リハ用患者情報 
包括病棟情報シート

入院について

入院の相談窓口について

入院をお考えの方は、まず相談窓口にご連絡ください。連絡窓口は回復期連携室になります。患者さま、ご家族の方の病気や怪我によって起こる様々な問題や、退院に対する疑問や不安に対して、お話を伺いながら関係機関との連携・調整を行います。

入院生活

病棟は自宅により近い環境とし、生活全てがリハビリテーションになるよう自立に向けての支援をしていきます。
例えば
・朝起きて普段着に着替えること ・トイレで排泄をすること
・食堂で座って食事をすること ・食後歯を磨くことお風呂に入ること
など全てがリハビリテーションです。そのため入院中の生活場面では、就寝時以外は普段着の着用をお願いしております。
なお、入院期間は通常60日から180日と定められておりますが、病状や年齢など人により様々ですので、随時医師から説明を行い退院予定日を決めていきます。

ページトップへ戻る

アクセス

お車でのアクセス

名古屋方面からお越しの方

知多半島道路阿久比インターの交差点を右折(県道46号線)
東生見町交差点を左折(県道261号線)。
稲穂町交差点を左折(国道366号線)。
450mほど先左手にあります。 

三河方面からお越しの方

県道247号線衣浦大橋東交差点を半田方面へ曲がる。
県道46号線亀崎北浦交差点を右折(国道366号線)
1.4キロほど先左手にあります。