リハビリテーション機器のご案内

リハビリテーション機器の紹介

通常、人が歩行するときは、脳からの信号が脊髄を介し足を動かします。しかし足が不自由な方は、脳からの指令がうまく足に伝わりません。
COGYに乗った方のあしがうごくのは、脳からの指令ではなく、右足を動かしたあとは左足という反射的な指令が脊髄の原始的歩行中枢から出ていると考えられています。
今回、あべクリニック、半田中央病院、西知多リハビリテーション病院のすべてのリハビリ部門において、COGYを導入しました。
この足こぎ車椅子を使った訓練は次のような希望のある患者さんに適しています。
足が上手く動かしたい、歩きたい、歩くスピードを上げたい、歩く距離を改善したい、もっと楽しくリハビリがしたいなどです。ご興味のある方は、3つの医療機関のいずれでも可能ですのでぜひご相談ください。

脳卒中などで片側が麻痺している、または足が上がりにくい方の歩行支援機として開発されたものです。
人間の二足歩行原理を生かし、モーターやバッテリーを使用せず、重力とバネの力でバネの力で歩きが弱った方の歩行イメージを取り戻すことをサポートしてくれます。

どのような人が適しているのか?

  • 歩く距離が短い
  • 歩くのが遅い
  • 歩くと疲れやすい
  • 歩く姿を良くしたいなど

ACSIVE関連のパンフレット


入院でのリハビリテーションではもちろんのこと、外来リハビリ、介護保険でのデイケアにおいてもACSIVEを使用することが可能です。
当法人では、このACSIVEを訓練機器として取り入れ患者様の機能の改善を図ります。より歩く能力(歩く安全性、歩く速さ、歩く距離)をあげ、快適な日常生活がおくることが出来るように取り組みます。
またこの商品がほしいという方には個人的に購入やレンタルすることも可能です。日常的にACSIVEを装着し、歩行や移動がしやすくなれば生活の質が改善されると思います。
ご興味のある方は一度お問い合わせください。

あべクリニック
半田中央病院
西知多リハビリテーション病院